江戸の過去と東京の未来が交差・浅草

都内随一の国際的観光地・浅草界隈
スカイツリーを見ながら歴史散歩
浅草の象徴・浅草寺雷門と門前町風情
演芸の街としての顔
江戸〜昭和の名残を残す老舗飲食店の数々
かつての超高層建築・凌雲閣について
浅草サンバカーニバル・隅田川花火大会
四季折々の下町風情と自然
歴史の佇まいと現代の住み心地
浅草の交通アクセス
都心へベッドタウンへ 中間的な位置関係
賃貸物件は、“下町価格”
場所柄、高齢者向け賃貸物件も
中古の一戸建てが、数・質とも充実
古くからの門前町として発達した住宅地
周辺地域を含めた再開発による分譲マンションも増加傾向

江戸の過去と東京の未来が交差・浅草

観光地として有名な浅草を代表するものといえば浅草寺です。東京都内で最も古い寺だとか。創建は平安時代にまでさかのぼります。当時から人々の信仰を集めていたのですが、江戸時代になると徳川家康が祈願所に指定しました。ますます多くの人が参拝するようになったのでしょう。浅草寺や門前町は今も多くの人が訪れています。

そんな古い歴史を持つ浅草ですが、現代の顔も持っています。たとえば2012年5月に完成予定の東京スカイツリーは、浅草からもよく見えます。東京スカイツリーの周辺は商業施設やオフィスビルの開発が進んでいます。まさに東京の未来が実感できる場所なのです。このあたりは遊ぶにも住むにもいい場所ではないでしょうか。ただ、東京スカイツリーの周辺は渋滞なども予想されます。お隣りの墨田区の浅草に住めば最新の東京を満喫しながらも、江戸情緒を味わうこともできます

また浅草は商店街が多い土地でもあります。東京で住むには毎日の暮らしが快適かどうか、便利かどうかが重要なのですが、安くておいしい店はたくさんあるとなれば、住みやすさは◎ではないでしょうか。きっと毎日の暮らしが充実したものになるはずです。

江戸の過去と東京の未来が交差・浅草

都内随一の国際的観光地・浅草界隈

浅草は世界各地から観光客が訪れる都内随一の観光地

歴史の佇まいと現代の住み心地

歴史ある浅草に住むには、住み心地をチェックすべし

浅草は古き良き江戸と最新流行の東京が交差する街